医薬品通販の利点と注意点を徹底解説!

>

どうやって買うの?だれでも買えるの?

情報のやり取りから売買まで

医薬品売買までのくわしい流れについて、見ていきましょう。
まずは、メールなどで購入者が自分の症状や状態を伝えます。
主な内容としては、性別や年齢・具体的症状・副作用歴や持病の有無等・医療機関受診や妊娠の有無等です。
そしてその内容をもとに、販売者が次のようなことを連絡します。
対象の医薬品の用法や用量・服用上や服用後の注意事項等です。
販売者よりの情報提供を確認したうえで、内容を理解した旨や質問等がない旨を伝えて、双方のやり取りは完了となります。
ここまでが終わって初めて、医薬品の発送となるのです。

疑問点がある場合には、納得いくまで確認しておきましょう。
ネット上でのやり取りだけではやはり不安だという方は、実店舗での購入をおすすめします。

ネット販売のルール

薬は時に生命にかかわるものです。
医薬品販売におけるトラブル防止、違法ドラッグ販売の阻止、ネットならではの犯罪に消費者が巻き込まれるのを防ぐために、様々なルール規定があります。
ここで細かなルールをすべてご紹介するのは難しいですが、ひとつ重要な規定を取り上げておきます。

それは、一般用医薬品のネット販売については、薬局や薬店の許可を取得している実店舗が行わなければならないということです。
ネット販売のみを行う店舗において、一般用医薬品を取り扱うことは禁止だということです。
その条件を満たしたうえで、細かなチェック項目をすべて満たす必要があります。
厳しい規定を設けることで、安全性の確保を目指しているのですね。


この記事をシェアする